【サッカー日本代表】<香川真司>中盤の王様になる!得意中受けで代表勢いに再点火..アジア杯では香川不在を痛感

19pt   2019-02-12 06:23
Football Channel


ab6027b1.jpg
(出典 img.footballchannel.jp)



(出典 【サッカー】<香川真司>中盤の王様になる!得意中受けで代表勢いに再点火..アジア杯では香川不在を痛感)

1 Egg ★ :2019/02/11(月) 18:09:55.96 ID:uwxNfE4M9.net

【イスタンブール(トルコ)11日=木下淳】ドルトムントからトルコ1部ベシクタシュに期限付き移籍したMF香川真司(29)が、中盤の王様になる。

途中出場した2試合とも4-2-3-1陣形のトップ下に入ったが「特にこだわらない」と明言。ど真ん中が「最も自分が生きるポジション」としながらも「左で出ようが、右で出ようが、4-3-3のインサイドハーフだろうが、どこでもやれることを示してきた」との自負を残り13試合で生*。

チームは中盤に流動的なポジションチェンジを許しており、ギュネシュ監督も「ローテーションしたい」と香川の柔軟起用を構想中だ。本人も「どうチームに合わせていくかが自分に与えられたチャレンジ。突き詰めたい」。

中盤を牛耳ることで、クロス攻撃に偏る現状も変える。「みんなゴール前で待つ感じがある。1歩引いてボールを受けに行く選手がいない」と早くも見抜き「そこを自分が担えれば違ったバリエーションが生まれる。クロス以外の、クリエーティブな部分を与えたい」と大物助っ人の面目躍如を思い描いた。

先には、自他ともに認める形での日本代表復帰も見えてくる。森保ジャパンも並び方は同じで鍵は2列目だが、アジア杯では香川不在を痛感。その全試合を映像で見た男には、若返った中盤に割って入り、勢いに再点火する役割が期待される。「新しい環境、仲間を楽しんでいる」という今のトルコでの挑戦も生きる。

W杯で得点したコロンビアとの再戦(3月22日、日産ス)や地元神戸でのボリビア戦(同26日、ノエスタ)へ、まずは当地で中盤の全権をつかさどる存在に戻ってもらわないと、困る。

2/11(月) 17:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00478770-nksports-socc


(出典 【サッカー】<香川真司>中盤の王様になる!得意中受けで代表勢いに再点火..アジア杯では香川不在を痛感)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=7556546&name
   2chログアンテナトップページへ
2chまとめブログの人気記事をまとめています。の話題が沢山。