【IT】COBOLに罪はない トップ自ら情報戦略を

3pt   2019-08-15 02:04
あふぃぶろぐ

1: 2019/08/12(月) 17:28:11.27 _USER 日本の活力低下の一因はデジタル化の出遅れにある。まず手を着けるべきは、古びた情報システムの刷新だろう。改修できる人材の枯渇も迫っている。デジタル化による爆発的な変化に企業が適応するには、トップ自らが情報戦略を主導する必要がある。

「COBOL」というプログラミング言語がある。1959年に業務用に開発され、金融機関などの基幹システムでは依然として現役だ。統計不正で問題となった厚生労働省の毎月勤労統…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48430390Z00C19A8TCR000/ eac2750d-s.jpg

引用元: ・【IT】COBOLに罪はない トップ自ら情報戦略を

c?ro=1&act=rss&output=no&id=8133826&name
   2chログアンテナトップページへ
2chまとめブログの人気記事をまとめています。の話題が沢山。