【デビュー25周年】globe・KEIKOのくも膜下出血は回復傾向!…小室哲哉復帰はあるか?

11pt   2019-08-25 19:00
ミコさんの話題ニュースまとめ


496865b5.jpg
(出典 amd.c.yimg.jp)


KEIKOが復活していきなり出てきても歌えるかどうか怪しい…
(出典 【芸能】globeに2020年再始動報道 引退会見した小室哲哉に復帰の可能性は)

1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 14:22:39.73 ID:NmIEagMK9.net

ボーカルのKEIKO(47)が2011年にくも膜下出血で倒れてから活動休止状態になっているglobeが、デビュー25周年を迎える20年に再始動するかもしれない。
発売中の「女性自身」(9月3日号)によると、KEIKOのリハビリは順調で歌手復帰への思いを強めているという。

そこで気になるのは夫で音楽プロデューサーの小室哲哉(60)の今後だ。女性看護師との不倫疑惑を報じられた小室は、
昨年1月、騒動の責任をとる形で表舞台からの引退を会見で表明。その際、自らの才能の枯渇を認め、体調不良も明かした。

芸能評論家の佐々木博之氏が言う。

「小室さんの引退理由は“不倫疑惑が報じられたため”と世間は捉えていますが、改めて振り返ると、あの会見の時、小室さんは『曲が作れなくなって、何年も前から引退を考えていた』と答えています。
つまり才能が枯渇してしまったということです。本来の引退の理由をうまく不倫疑惑の禊にすり替えたわけですが、時間が経てば創作意欲が復活することもあるでしょう。
そのときは復帰も十分に考えられます。今年、伊藤蘭がキャンディーズ解散以来、41年ぶりの歌手活動再開を発表しましたが、他にも都はるみや森昌子のように、引退を撤回した芸能人はたくさんいます。
芸能人は浴びた光が強ければ強いほど、また光を求めてしまうものなのです」

その点、作曲家・編曲家・作詞家として小室が浴びた輝かしい光はまぶしすぎる。復帰を待ち望んでいるファンもいるはずだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/16978338/
2019年8月25日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

329f53cb.jpg
(出典 cdnx.natalie.mu)


5063257a.jpg
(出典 i.pinimg.com)


ebd5748c.jpg
(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


(出典 【芸能】globeに2020年再始動報道 引退会見した小室哲哉に復帰の可能性は)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=8035636&name
   2chログアンテナトップページへ
2chまとめブログの人気記事をまとめています。の話題が沢山。