【朗報】24時間テレビ・水卜アナ、突然の発表もフルマラソン完走!

16pt   2019-08-25 21:30
ミコさんの話題ニュースまとめ


6cf0d3a1.jpg
(出典 everyday-life.net)


先程いとうあさこも完走したけど、何か放送事故(?)起きたらしいな…
(出典 【24時間テレビ】総合司会・水卜アナ フルマラソン42・195キロ完走 沿道に笑顔振りまき 4走・いとうあさこへ)

1 スズムシのなく頃に ★ :2019/08/25(日) 14:27:17.26 ID:nOzLOGUX9.net

2019年08月25日 14:18 スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/25/kiji/20190825s00041000276000c.html
20190824s00041000377000p_view.jpg
(出典 www.sponichi.co.jp)


 日本テレビ「24時間テレビ42」(24日後6・30~25日後8・54)で4人のランナーがたすきをつないで行う24時間駅伝で、第3走者を務めた同局の水卜麻美アナウンサー(32)が25日、42・195キロのフルマラソンを走り切り、第4走者のいとうあさこ(49)にタスキをつないだ。

 第2走のガンバレルーヤ・よしこ(28)からたすきを受け取り、感極まって涙する瞬間もあった水卜アナ。スタートから快調に飛ばし、沿道の声援にも手を振り、「ありがとう」と応え、笑顔を振りまき続けた。総合司会を務めながらの挑戦でありながら、最後まで気力で力走を見せ、約6時間で見事42・195キロのフルマラソンを走り切った。

 「たすきリレーポイント」では、いとうと抱擁。感涙する中、いとうを送り出した。

 残り10キロを切った地点での中継では、「ヒルナンデス」で共演していた南原清隆(54)からエールが送られる場面も。南原から「水卜ちゃん、大丈夫ですか?」と声を掛けられ、最初は声の主が南原であることに気付かず、水卜アナは「大丈夫のような…イエーイ。大丈夫かもしれないです」と苦笑。それでも「本当に信じられないぐらいたくさんの人がテレビを見て、『あと何キロぐらいだよ!』とか教えてくれて、応援してくれて、本当に心からありがとうです」と感謝。途中で南原だと気付くと、「え?南原さんだ!やだー」と思わぬ激励に感激。思わず涙ぐみながら「大丈夫です、みんな優しいです、日本の人は…」とかみしめた。

 水卜アナは同番組で総合司会を担当しており、シークレットとされていた4人目の走者であることが24日に同番組で発表された。総合司会でランナーとして走るのは史上初で、社員としても初の挑戦となる。「24時間テレビを見ているか方が、番組に関わっているすべての方が感謝を伝えたい」という「決意と感謝」の思いでスタートを切った。水卜アナは4人の中で最も早くチャリティーランナーを務めることが決まっていたといい、6月から極秘で練習してきた。走行した距離は計265キロ。2、3日に1回は必ず走ってきた。筋トレは毎日行っており、その積み重ねから自信も少しずつ生まれている。

 24日午後8時29分に1走のハリセンボン・近藤春菜(36)がスタート。5時間41分で2走のよしこにたすきをつないだ。5時間58分のタイムで完走した第2走のよしこも受け継いだ水卜アナもフルマラソンを完走。続く、4走のいとうがゴールの両国国技館を目指す。当初は4人がそれぞれフルマラソンの42・195キロを走る予定だったが、ケガのリスクなどを鑑みて18日に距離の変更が発表され、よしこと春菜は10キロ短縮した32・195キロとなった。

 今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がたすきをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。今年のメーンパーソナリティーは「嵐」が6年ぶり史上最多5回目の大役を務める。

b877ee5d.jpg
(出典 pbs.twimg.com)


25492302.jpg
(出典 818-news-blog.com)


(出典 【24時間テレビ】総合司会・水卜アナ フルマラソン42・195キロ完走 沿道に笑顔振りまき 4走・いとうあさこへ)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=8035636&name
   2chログアンテナトップページへ
2chまとめブログの人気記事をまとめています。の話題が沢山。