【芸能】「蓮舫の息子」村田琳(22)が「親の名前は武器の一つ」と言えるまで ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への思い

26pt   2019-08-25 22:40
芸能ニュースまとめサイト



(出典 【芸能】「蓮舫の息子」村田琳(22)が「親の名前は武器の一つ」と言えるまで ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への思い)

1 かばほ~るφ ★ :2019/08/25(日) 14:41:48.24 ID:wIdqlnz19.net

「蓮舫の息子」村田琳が「親の名前は武器の一つ」と言えるまで ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への思い
8/25(日) 7:00配信

現在放送中のドラマ、「ノーサイド・ゲーム」(日曜、TBS系)に出演している村田琳さん。
ドラマ初出演で、今作で知ったという人も多いかもしれませんが、パフォーマンスグループ
「VOYZ BOY(ボイズボーイ)」のチームリーダーという顔を持っています。そして母は立憲民主党の蓮舫議員。
「『蓮舫の息子』という肩書が嫌だった」という過去から、今は「親の名前は武器の一つ」と言い切るまでに。
現在までの心境の変化と、俳優業にかける思いを聞きました。(朝日新聞校閲センター・田辺詩織)

(中略)
■役作りに「1日5000キロカロリー」でも…
 
村田さんが演じているのは、ラグビーチームのアシスタント・有馬真吾。
劇中では、大泉洋さんが演じる主人公をサポートする立場でありつつも、抜けている一面が見え隠れ。
実は、出演が決まってから生まれた、ドラマオリジナルの役だといいます。

ラグビーチームのメンバーを目指して、受けたオーディションは、「ガタイのいい人たちばかりだった」と振り返ります。
合格してまず指示されたのは、体重を増やすなどの「体づくり」でした。

「毎日5000キロカロリーくらい食べました。カツ丼とかパスタとか、プロテインバーとか、
とにかくカロリーの高いものを食べていましたね」

もともと小食で、「1日1食が多かった」という村田さんにとっては慣れない生活だったといいます。
「結構体重を増やしたんですが、ある日監督(福澤克雄さん)から『琳ちゃんは……マネージャーだね』と」

そんなやりとりがきっかけで、村田さんの役が生まれました。
「原作にない役なので、はじめのうちはなかなか役柄がつかめなかった」と明かしますが、
「(大泉さん、高橋光臣さん、笹本玲奈さんの)総務部メンバーでいるときのバランスを意識しながら演じています」。

「この後の放送でも、有馬真吾の人柄が出てくるので、それも楽しみにして見てくれたらと思います」

(中略)
■母・蓮舫議員への思い
 
芸能活動をする上で、度々言及されるのが母親・蓮舫議員の存在。
有名議員の息子として注目を浴びる場面も少なくありませんが、
「最近はそのおかげでテレビに出られることもあるので、すごくありがたいことですね」。

そんな村田さんも、以前は「『蓮舫の息子』という肩書が嫌だった」と明かします。

村田さんが芸能界を目指したきっかけは、スカウトでした。
高校時代を過ごしたイギリスには、高校卒業後の1年間、自由に過ごせる「ギャップイヤー」があります。
その間、「趣味のつもりで」芸能界入りして約2年。10代の頃から活躍する俳優も多い中、
自身の演技力や容姿だけでは「まだまだ戦えない」と感じることもあったそうです。

「『自分が今もっている武器は何だろう』って考えたときに、
『親の名前』も自分の武器の一つという認識がようやくできるようになりました」

「ただ、それだけじゃすぐ飽きられてしまう」と、危機感も見せます。
「親の名前に甘えず、自分に足りていないものを補っていきたい」と語る目は真剣そのもの。

「母は簡単に勝てる相手じゃないですけど、例えばインターネットで『蓮舫』って調べたときに、
『村田琳の母親』って出るぐらいになれたらうれしいです」

蓮舫さん自身、村田さんの活動を応援しているそうです。
「母は撮影現場も見に来たいってずっと言ってるんですけど、ちょっとまだやめてくれってお願いしている」と笑います。

(後略、全文はソースで)
8/25(日) 7:00配信 withnews
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190823-00000002-withnews-ent
「ノーサイド・ゲーム」に出演中の村田琳さん
d877a445.jpg
(出典 amd.c.yimg.jp)


(出典 【芸能】「蓮舫の息子」村田琳(22)が「親の名前は武器の一つ」と言えるまで ドラマ「ノーサイド・ゲーム」への思い)


c?ro=1&act=rss&output=no&id=7905202&name
   2chログアンテナトップページへ
2chまとめブログの人気記事をまとめています。の話題が沢山。